本文へジャンプします。

Zabbixでニフティクラウドを監視する(Linuxホスト監視編)

前回はZabbix 3.0のインストールを行いましたが、監視対象がまだZabbixサーバー自身しか登録されていません。また、障害発生時の通知設定なども行われていません。

そこで今回は、Zabbixサーバーの基本的な設定と、LinuxサーバーにZabbixエージェントをインストールして監視を設定します。


付け替えIPアドレスを用意

サーバーの監視をする際に、IPアドレスが変わってしまうと監視対象から外れてしまいます。

監視対象のIPアドレスが変更されないように、付け替えIPアドレスを用意して、それぞれのサーバーに対して割り当てることにします。

今回は、以下のようにサーバーを配置します。

リージョン サーバー アドレス数
east-2 Zabbixサーバー 1
east-3 Linuxホスト、Windowsホスト 2

付け替えIPアドレスはゾーン毎に5つまで追加することができます。
今回はリージョン間で監視を行うので、グローバル側のIPアドレスを追加します。

追加する際に目的別にメモを記入しておくと良いでしょう。
また、Zabbixエージェントの設定時、Zabbixサーバーへの監視ホスト追加時に必要になるので、参照できるようにしておきましょう。

Zabbixサーバーに付け替えIPアドレスをつける

構築したZabbixサーバーのIPアドレスを付け替えます。
IPアドレス時にサーバーの再起動が必要になるので、事前に一旦、OSをシャットダウンして、サーバーを停止しておくと良いでしょう。

ニフティクラウドのコントロールパネルから付け替えたいIPアドレスを選択し、操作メニューから「サーバーにつける」を選択します。

IPアドレスを付け替えたいサーバーを選択します。

サーバーが停止しているのであれば、再起動方法は「再起動しない」に変更しておき、「確認へ」ボタンをクリックします。

確認画面で内容を確認したら、「サーバーにつける」をクリックします。

screenshot_271

サーバーのステータスが「処理中」から「停止」に変わったら、サーバーを起動します。

以後、サーバーには指定した付け替えIPアドレスが自動的に設定されるようになります。

Linuxホストを準備

監視対象となるLinuxホストを作成します。
OSは、CentOS 7.1。
ネットワーク設定でグローバルに付け替えIPアドレスを指定して、Linuxサーバーを作成します。

サーバー起動後、SSHで接続し、アップデートを行います。

sudo yum update -y
sudo reboot

ZabbixのYumリポジトリを登録します。

sudo rpm -ivh http://repo.zabbix.com/zabbix/3.0/rhel/7/x86_64/zabbix-release-3.0-1.el7.noarch.rpm

Zabbixエージェントのパッケージをインストールします。

sudo yum install zabbix-agent -y

Zabbixエージェントの設定を修正します。

sudo vi /etc/zabbix/zabbix_agentd.conf

以下は修正する項目です。

設定項目 設定値
SourceIP Linuxホストの付け替えIPアドレス
EnableRemoteCommands 1(お好みで設定)
LogRemoteCommands 1(お好みで設定)
Server Zabbixサーバーの付け替えIPアドレス
ServerActive Zabbixサーバーの付け替えIPアドレス
Hostname LinuxHost(ホスト登録時に同じ名前で登録が必要)

Zabbixエージェントの起動と有効化を行います。

sudo systemctl start zabbix-agent
sudo systemctl enable zabbix-agent

Linuxホストの登録

ZabbixのWeb管理画面にログインし、Linuxホストを登録します。

  1. 「設定」→「ホスト」を選択
  2. 「ホストの作成」をクリック
  3. 以下の項目を設定
設定項目 設定値
ホスト名 LinuxHost(zabbix_agentd.confでHostnameに指定した名前と同じ名前を指定)
表示名 Web管理画面に表示される名前。ホスト名と同じでよい
グループ 「Linux servers」を選択し、「◀」をクリック
エージェントのインターフェース Linuxホストの付け替えIPアドレスを指定

screenshot_264

テンプレートの紐付けもしておきます。
テンプレートを紐付けしておくと、自動的に監視項目などが設定されます。

  1. 「テンプレート」タブをクリック
  2. 「新規テンプレートをリンク」に「Linux」と入力して検索
  3. 「Template OS Linux」を選択
  4. 「追加」リンクをクリック(間違えて下の「追加」ボタンを押さないように注意)
  5. 「テンプレートとのリンク」に「Template OS Linux」が追加される
  6. 「追加」ボタンをクリックして、ホスト登録を完了
  7. ホストが登録されたことを確認します。

screenshot_265

screenshot_266

※スクリーンショットは、Windowsホストも登録された状態です。

通知送信用メールアドレスの設定

障害などが発生した際に、管理者にメールを送信するように設定します。
設定は以下の手順で行います。

  1. メール送信テスト
  2. Emailメディアを設定
  3. Adminユーザーにメールアドレスを設定
  4. アクションを有効化
  5. 障害発生時のメール通知のテスト
  6. 障害復旧時のメール通知のテスト

メール送信テスト

今回は、Zabbixサーバー自身で動作している、Postfixを送信用サーバーとして使用します。

Zabbixサーバーにログインして、通知を受け取りたいメールアドレス宛にメールが送信できるか、mailコマンドでテストします。

送信先メールアドレスはご自身の環境のメールアドレスに読み替えてください。

sudo -u mail user@example.com

正しくメールが受け取れたら次に進みます。
もし、メールがうまく届かない場合には、ログファイル「/var/log/maillog」を確認してください。

Emailメディアを設定する

Email送信時のSMTPサーバーや送信元アドレスを設定します。
Zabbixでは「メディア」として扱われています。

注意:送信元メールアドレスはご自身の環境のメールアドレスに読み替えてください。

  1. 「管理」→「メディアタイプ」を選択
  2. 「Email」をクリック
  3. 以下の設定を行います。
設定項目 設定値
SMTPサーバー localhost
SMTP helo localhost
送信元メールアドレス admin@example.com

screenshot_267

Adminユーザーにメールアドレスを設定する

ZabbixのAdminユーザーにメールアドレスを設定しておきます。

  1. 「管理」→「ユーザー」を選択
  2. 「Admin」をクリック
  3. 「メディア」タブを選択
  4. 「追加」リンクをクリック
  5. 別ウインドウが開くので、タイプが「Email」であることを確認
  6. 送信先に通知を受け取るメールアドレスを入力
  7. 「追加」ボタンをクリック
  8. 「更新」ボタンをクリック

アクションを有効にする

障害が発生した時のアクションを有効にします。

  1. 「設定」→「アクション」を選択
  2. 「Report problems to Zabbix administrators」のステータスの「無効」をクリックして有効に変更

障害発生時のメール通知のテスト

障害発生時に通知メールが送信されるかテストします。
監視対象であるLinuxホストのZabbixエージェントを停止して、擬似的に障害を発生させます。

  1. Linuxホストにログイン
  2. Zabbixエージェントを停止
sudo systemctl stop zabbix-agent

5分ほど待って、メールが届くことを確認します。

以下のようなメールが届けば、監視および通知は正常に機能しています。

題名:PROBLEM: Zabbix agent on LinuxHost is unreachable for 5 minutes

Trigger: Zabbix agent on LinuxHost is unreachable for 5 minutes
Trigger status: PROBLEM
Trigger severity: Average
Trigger URL:

Item values:

1. Agent ping (LinuxHost:agent.ping): Up (1)
2. *UNKNOWN* (*UNKNOWN*:*UNKNOWN*): *UNKNOWN*
3. *UNKNOWN* (*UNKNOWN*:*UNKNOWN*): *UNKNOWN*

Original event ID: 259

障害復旧時のメール通知のテスト

Zabbixエージェントを再度起動すると、以下のメールが届きます。

sudo systemctl start zabbix-agent

題名:OK: Zabbix agent on LinuxHost is unreachable for 5 minutes

Trigger: Zabbix agent on LinuxHost is unreachable for 5 minutes
Trigger status: OK
Trigger severity: Average
Trigger URL:

Item values:

1. Agent ping (LinuxHost:agent.ping): Up (1)
2. *UNKNOWN* (*UNKNOWN*:*UNKNOWN*): *UNKNOWN*
3. *UNKNOWN* (*UNKNOWN*:*UNKNOWN*): *UNKNOWN*

Original event ID: 259

これで、Zabbixサーバーの基本設定およびLinuxホストの監視対象設定は完了です。
次回は、Windowsホストの監視対象設定を行います。

ニフティクラウド 導入相談窓口
ニフティクラウド 無料セミナー

閉じる

閉じる

クラウドブログ編集部

クラウドブログ編集部

ニフティクラウド ユーザーブログ編集部のアカウントです。 編集部からのお知らせや、レギュラーライター以外のゲストによる寄稿記事を掲載していきます。

浜中 慶

浜中 慶

1980年、神奈川県生まれ。2003年ニフティ入社。 ポータルサイト開発を中心に、音楽配信サービス、CGMサービスなど様々なプロジェクトに企画/デザイン/システム担当として参加。現在は@niftyのポータルサービス向けコンテンツ管理システムの企画/開発/運用を担当。

吉田 雄哉

吉田 雄哉

株式会社co-meetingの創業メンバー。「取締役&External- facing Technologist」と名乗り新しいIT技術を広く伝える活動とWebアプリケーション開発を行う毎日。パッケージベンダーでのSaaS立上げ・製造業の情報システム部門で企画やPM・受託開発と従事してきたため、ベンダーサイドとユーザサイド の両方の視点を持ち合わせる。

石田 健亮

石田 健亮

株式会社ドリーム・アーツで小売事業者向けSaaS「Shopらん」を企画、開発。メインの仕事はプログラマーだがサーバー管理や営業もこなすユーティリティプレイヤー。最近好きな事はパフォーマンスチューニング。特に並列化プログラミングがマイブーム。キライなことはデータセンターでの作業。騒音と乾燥が弱点。ニフティクラウドでデータセンターに行く必要が無くなったことが本当の利点だ と思っている。

五月女 雄一

五月女 雄一

ニフティでは「インフラを守る簡単な様で奥が深いお仕事」をしています。 夢はインフラの気持ちが読めるエンジニアになること。

わたなべ かずひろ

わたなべ かずひろ

専門学校卒業後、ソフトウェア開発会社で電力系統制御システムの開発に従事。その後、CD-ROM等マルチメディア系PCソフトの開発を経て、1998年フリーランスに。 2000年8月に株式会社イーツーの設立に参画。携帯を含む様々なWeb系のシステム開発に携わる。現在はiPhone/Androidアプリなどの開発も手がけている。

市角

市角

ニフティクラウドのコントロールパネル設計・開発をメインに、たまにインフラの運用やお手伝いもやっていたりします。コントロールパネルや新機能の活用方法、アイデアなどを中心に書いていく予定です。

仲山 昌宏

仲山 昌宏

歌って踊れるインフラエンジニア兼、PHPもRubyもJavaも書くPerl使い。 物理サーバの運用に飽きて、フルラックに格安サーバ詰めて自宅プライベートクラウドを構築中。 今年は個人的には分散処理を攻めていきます。

猪飼 賢広

猪飼 賢広

1984年、愛知県名古屋市生まれ。大学は福島県にある某大学。2008年ニフティに入社。 開発系部署に配属後、主に各種テーマサイト開発のシステム面調整、開発進行管理役などとして参加。 現在もPC・ガラケーサイトの開発まわりを担当。インフラまわりを触る案件にも携わっており、日々修行中。 好きな芸人はなかやまきんに君とレイザーラモンRG。

久江 裕之

久江 裕之

ニフティクラウドのインフラ運用、OS提供の仕事をしています。 新しいOSやイメージが出る時にこのブログでご紹介いたします。入社5年目。一流のインフラエンジニアを目指して日々勉強中。

竹内 豪

竹内 豪

ニフティクラウド エンジニア

山口

山口

ニフティクラウドの基盤設計、新サービス/アライアンス/インフラ企画、その他雑用全般を担当しています。 クラウドに欲しい機能や、こんなふうに使ってほしいという想いが共有できれば良いですね。

芳中 隆幸

芳中 隆幸

ニフティクラウドの開発、運用を担当しています。

酒井 浩平

酒井 浩平

ニフティクラウドの中にいます。 ネットワークまわりの運用・開発や自動化などに取り組んでいます。 すべてのエンジニアを幸せにすることを目指しています。

higebu

higebu

ニフティクラウド IaaSのエンジニアです。 ネットワーク、DRサービス with VMware vCloud® Air™ Technology辺りの担当をしています。

武田

武田

ニフティクラウドの開発・運用を担当しています。 各種機能の内容についてなどで執筆させていただく予定です。

福澤真

福澤真

ニフティクラウドのコンパネ開発、運用をしています。

森藤 大地

森藤 大地

データに関する仕事が好きです。

宮原徹

宮原徹

日本仮想化技術株式会社 代表取締役社長兼CEO。仮想化技術に関するコンサルタントとして長年活動しており、特にベンチマークテストによる性能評価を得意としている。

荒谷翔

荒谷翔

株式会社はてなでMackerelのセールスデベロッパーとして勤務しています

東條 望

東條 望

2014年にニフティへ中途入社。 入社後から現在まで、ニフティクラウドのサービス企画・開発を担当しています。 各サービスの紹介を執筆させていただく予定です。

世良迪夫

世良迪夫

ニフティクラウドのRDBなどを担当しています