本文へジャンプします。

Fastly(CDN)のログをニフティクラウド オブジェクトストレージに保存する

こんにちは。ニフティの東條(ひがしじょう)です。
前回の「Fastly(CDN)を利用してデータ配信してみよう」では、Fastly(CDN)の基本的な利用方法についてご説明しました。
今回は、Fastly(CDN)のログをニフティクラウドオブジェクトストレージに保存する方法をご紹介いたします。

仕組み

Fastly(CDN)では任意の場所にログを保存する事が可能です。
ニフティクラウドオブジェクトストレージは、Amazon s3に準拠したオブジェクト型ストレージサービスですので、Fastlyのコントロールパネル上より簡単に設定することが可能です。

service%ef%bc%8ffastly_img_02

設定内容

まず、ログの保存先としてニフティクラウドオブジェクトストレージを用意します。すでにオブジェクトストレージをご利用の方は飛ばしてお読みください。

オブジェクトストレージ

  1. ニフティクラウドのコントロールパネルよりオブジェクトストレージを選択してください。
  2. 次にバケットを作成してください。公開レベルはお客様のご利用形態にあわせて、選択してください。

Fastly

1.Fastlyのコントロールパネルよりログを保存したいServiceを選択後、Configure → Edit Configurationを選び、設定画面に入ります。

fastly2-1

2.設定画面にて、Loggingを選択してください。

fastly3

3.Endpointの選択画面にて、Amazon s3を選択してください。

4.Endpoint 設定画面にて、下記項目を入力し、Createボタンをクリックします。

Description : ログ保存の設定名を入力してください。
Bucket Name : オブジェクトストレージで作成したバケット名
Access Key : ニフティクラウド コントロールパネルよりご確認ください。
Secret Key : ニフティクラウド コントロールパネルよりご確認ください。
Domain : jp-east-2.os.cloud.nifty.com と入力してください。

確認方法

Endpoint設定画面のperiodで選択した時間単位でニフティクラウド オブジェクトストレージにログが保存されていきます。Periodは標準で3600秒となっています。

まとめ

CDNではリアルタイムでのログ保存が難しいのですが、Fastlyではコントロールパネル上でリアルタイムデータが閲覧でき、簡単に設定することができます。
ニフティクラウド オブジェクトストレージを保存先にすると簡単な設定で実行できるのでおすすめです。

ニフティクラウド 導入相談窓口
ニフティクラウド 無料セミナー