本文へジャンプします。

ニフティクラウドをベンチマークしてみよう 【CPU・メモリ・ネットワーク編】

みなさま、はじめまして。ニフティの寶田(ホウダ)です。

ニフティクラウドの新ゾーン(east-13)がリリースされてる!
どれぐらいの性能が出ているのか見てみましょう!ということで、【CPU・メモリ・ネットワーク】に対して、ベンチマークを実施してみました。
それでは、さっそく結果を見てみましょう。

ベンチマーク結果

CPU

ベンチマーク条件と手順は後述しますが、
まず、CPUのベンチマーク結果を見ていきましょう。
こちらは、ニフティクラウドのサーバータイプで比較をしており、
結果の値(スコア)が高いほどCPUが高速であることを示しています。
今回は、8vCPUにて、最高で”6257.0 Score “を確認できました。

unixbench

メモリ

続いて、メモリのベンチマーク結果を見ていきましょう。
こちらもCPUのベンチマークと同様に、ニフティクラウドのサーバータイプで比較をしており、
結果の値(MB/s)が高いほどメモリが高速であることを示しています。
今回は 8vCPU にて、最高 13087.90 MB/s の性能が確認できました。

stream

ネットワーク

最後に、グローバルネットワークのベンチマーク結果を見ていきましょう。
こちらは、ネットワークの帯域をそれぞれ比較をしています。
結果の値(Mbps)が高いほど高速であり、広帯域であることを示しています。
今回は、国内海外から複数拠点から同時にネットワークトラフィックを発生させてベンチマークを実施してます。たくさんのユーザが同時にアクセスしたときの動作を模倣しています。各社に設置したサーバは帯域制限の挙動が確認されており、ネットワーク上限が見えてしまいました。
ニフティクラウドでは、1.7Gbpsを超えるトラフィックが流れても、問題なく捌くことができるのを確認できています。…ここまで大量のトラフィック流す人はめったにいないと思いますが、アクセスが殺到する大規模サービスでも安心して運用できますね。

iperf

ベンチマーク条件

今回のベンチマーク条件は以下のとおりです。

CPU – unixbench

ニフティクラウド(mini, small, midium, large, xlarge16, wlarge32, 対象ゾーン:east-13): 1台、それぞれのスペックで計測。
OSタイプ: CentOS6.3 Plain
計測ソフト: unixbench-5.1.2
計測結果:System Benchmarks Index Scoreとし、3回平均を結果とする

メモリ – stream

ニフティクラウド(mini, small, midium, large, xlarge16, xlarge16, wlarge32, 対象ゾーン:east-13): 1台、それぞれのスペックで計測。
OSタイプ: CentOS6.3 Plain
計測ソフト: stream 9.2-6
計測結果:Triadとし、3回平均を結果とする

ネットワーク – iperf 

ニフティクラウド(small, 対象ゾーン:east-13, CentOS6.3 Plain): 1台 
以下、複数拠点のサーバを用意。

海外A拠点のサーバ: 1台 
国内B~I拠点のサーバ: 7台 
計測ソフト、設定パラーメータ: iperf-2.0.5、TCP、パラレル数: 30 
計測結果:スループットとし、1分間、3回平均を結果とする 
測定方法: 各拠点にて、iperfを複数同時に実行、1台のサーバに対して、7台のクライアントが同時に接続とする
以下のイメージ図をご参照ください。

まず、下記のようにニフティクラウドをサーバとして稼働させ、他拠点から同時に接続していきます。

iperf-exp-01

他拠点についても同様に計測していきます。

iperf-exp-02

ベンチマーク方法と結果の見方

ベンチマーク方法の具体的な手順と、実行結果の見方について以下に記載します。
今お使いの環境や物理サーバと比較してみると面白いと思うので、ぜひお試しください。
※以下のインストール手順や実行方法はLinux(Red Hat Enterprise Linux/CentOS)での手順になります。
 今回は、CentOS6.3 Plainにて環境構築をしております。
※ベンチマークはサーバーを一時的に高負荷状態にさせますので、注意して実行してください。

CPU – unixbench

unixbenchはCPUの計算能力を測定することができるツールです。
CPU利用率が100%上がりますが、どのぐらい性能が出るかスコアで確認することができます。
インストール方法は以下のとおりです。

インストール

# wget http://byte-unixbench.googlecode.com/files/unixbench-5.1.2.tar.gz
# tar zxvf unixbench-5.1.2.tar.gz
# cd unixbench-5.1.2
# yum install -y libXext-devel
# yum install -y freeglut freeglut-devel
# yum install -y perl-Time-HiRes
# yum install -y gcc
# make

実行方法

# cd ~/unixbench-5.1.2
# ./Run

実行結果

以下が実行結果の例です。以下は2059.7スコアが結果となります。

System Benchmarks Index Score                 2059.7

比較例

ベンチマーク結果以下のように比較してみると、導入時の参考になりそうですね。

物理CPU スペック ※1 Score ニフティクラウド スペック Score
とある物理サーバA 323.6 mini 503.567
とある物理サーバB 1349.9 small 1351.400

※1. 下記のフォーラムから結果をいくつか抜粋してみました。
ご参考: UnixBench Results
http://www.webhostingtalk.com/showthread.php?t=308055

メモリ – stream

streamは、実効メモリ帯域幅、性能を計測することができるツールです。
インストール方法は以下のとおりです。

インストール

# mkdir stream
# cd stream
# yum install -y gcc
# wget http://www.cs.virginia.edu/stream/FTP/Code/HISTORY.txt
# wget http://www.cs.virginia.edu/stream/FTP/Code/Makefile
# wget http://www.cs.virginia.edu/stream/FTP/Code/READ.ME
# wget http://www.cs.virginia.edu/stream/FTP/Code/mysecond.c
# wget http://www.cs.virginia.edu/stream/FTP/Code/stream.c
# wget http://www.cs.virginia.edu/stream/FTP/Code/stream.c.5.10
# wget http://www.cs.virginia.edu/stream/FTP/Code/stream.f
# gcc -O stream.c -o stream

実行方法

# cd ~/stream
# ./stream

実行結果

以下が実行結果の例です。今回は、Traid行のRate (MB/s)を結果としております。
下の例での結果は、12301.5148 (MB/s)となります。改めて数字を見て思いますが、メモリは超高速ですね。

Function      Rate (MB/s)   Avg time     Min time     Max time
Copy:       11485.3438       0.0028       0.0028       0.0029
Scale:      11423.7576       0.0028       0.0028       0.0029
Add:        12314.3062       0.0039       0.0039       0.0040
Triad:      12301.5148       0.0039       0.0039       0.0040

ネットワーク – iperf

iperfはネットワークの帯域を測定することができるツールです。
どのぐらいネットワーク帯域が流せるか、帯域の上限値を測定することで有名なツールです。
今回は、ニフティクラウドや国内外のサーバ上に、iperfを動作する環境を構築しています。
複数拠点から同時にトラフィックを流すことで、どのぐらいまで耐えうるのかを計測していきます。
なお、今回は計測しませんでしたが、TCP以外でもUDPでの測定も行うことができます。
インストール方法は以下のとおりです。

インストール

# yum install -y gcc-c++
# wget http://downloads.sourceforge.net/project/iperf/iperf-2.0.5.tar.gz
# tar xvzf iperf-2.0.5.tar.gz
# cd iperf-2.0.5
# ./configure
# make
# make install

実行方法

サーバー側(計測対象)とクライアント側で実行コマンドが異なります。
まず、サーバ側を起動したのちに、クライアント側を実行します。
今回は、サーバ側を1台、クライアント側は7台用意して、複数個所からの接続を想定して実行しました。
計測コマンドでは、-tオプションにて60秒間、-Pオプションにて、パラレル数を30としました。

サーバー側
# iperf -s
クライアント側
# iperf -c <<ipaddress>> -i 1 -t 60 -P 30

※<<ipaddress>>の部分にサーバーのIPアドレスを指定します
※デフォルトの設定ではクライアント側がポート5001(TCP)へ通信を行います。
 ファイアウォール機能やiptablesで制限を行なっている場合は解除した上で実行してください。

実行結果

以下が実行結果の例です。下記結果ですと、747Mbits/secとなります。
今回は、複数個所から同時に接続していますので、クライアント側のスループットを合算した値としています。

[  3]  0.0-10.0 sec   890 MBytes   747 Mbits/sec

おわりに

今回は、ニフティクラウドのCPU、メモリ、ネットワークのベンチマークをご紹介しました。
ベンチマーク結果から、仮想マシンではあるものの物理サーバと比較しても決して劣らない、ニフティクラウドの性能の良さをご確認いただけましたでしょうか
超高性能なCPU、メモリ、さらに超太いネットワーク基盤に魅力を感じていただけると嬉しい限りです。
ベンチマーク構築方法も記載していますので、今のサーバ環境との結果を比較してみると面白いと思います!

※ニフティクラウドは、パブリッククラウドでありベストエフォート型のサービスです。
※上記ベンチマーク結果は2013年5月にeast-13にて実行した結果になります。
※ベンチマークツールは、多大なる負荷をかける処理を行います。本番環境での実施はくれぐれも計画的に。

ニフティクラウド 導入相談窓口
ニフティクラウド 無料セミナー

閉じる

閉じる

クラウドブログ編集部

クラウドブログ編集部

ニフティクラウド ユーザーブログ編集部のアカウントです。 編集部からのお知らせや、レギュラーライター以外のゲストによる寄稿記事を掲載していきます。

浜中 慶

浜中 慶

1980年、神奈川県生まれ。2003年ニフティ入社。 ポータルサイト開発を中心に、音楽配信サービス、CGMサービスなど様々なプロジェクトに企画/デザイン/システム担当として参加。現在は@niftyのポータルサービス向けコンテンツ管理システムの企画/開発/運用を担当。

吉田 雄哉

吉田 雄哉

株式会社co-meetingの創業メンバー。「取締役&External- facing Technologist」と名乗り新しいIT技術を広く伝える活動とWebアプリケーション開発を行う毎日。パッケージベンダーでのSaaS立上げ・製造業の情報システム部門で企画やPM・受託開発と従事してきたため、ベンダーサイドとユーザサイド の両方の視点を持ち合わせる。

石田 健亮

石田 健亮

株式会社ドリーム・アーツで小売事業者向けSaaS「Shopらん」を企画、開発。メインの仕事はプログラマーだがサーバー管理や営業もこなすユーティリティプレイヤー。最近好きな事はパフォーマンスチューニング。特に並列化プログラミングがマイブーム。キライなことはデータセンターでの作業。騒音と乾燥が弱点。ニフティクラウドでデータセンターに行く必要が無くなったことが本当の利点だ と思っている。

五月女 雄一

五月女 雄一

ニフティでは「インフラを守る簡単な様で奥が深いお仕事」をしています。 夢はインフラの気持ちが読めるエンジニアになること。

わたなべ かずひろ

わたなべ かずひろ

専門学校卒業後、ソフトウェア開発会社で電力系統制御システムの開発に従事。その後、CD-ROM等マルチメディア系PCソフトの開発を経て、1998年フリーランスに。 2000年8月に株式会社イーツーの設立に参画。携帯を含む様々なWeb系のシステム開発に携わる。現在はiPhone/Androidアプリなどの開発も手がけている。

市角

市角

ニフティクラウドのコントロールパネル設計・開発をメインに、たまにインフラの運用やお手伝いもやっていたりします。コントロールパネルや新機能の活用方法、アイデアなどを中心に書いていく予定です。

仲山 昌宏

仲山 昌宏

歌って踊れるインフラエンジニア兼、PHPもRubyもJavaも書くPerl使い。 物理サーバの運用に飽きて、フルラックに格安サーバ詰めて自宅プライベートクラウドを構築中。 今年は個人的には分散処理を攻めていきます。

猪飼 賢広

猪飼 賢広

1984年、愛知県名古屋市生まれ。大学は福島県にある某大学。2008年ニフティに入社。 開発系部署に配属後、主に各種テーマサイト開発のシステム面調整、開発進行管理役などとして参加。 現在もPC・ガラケーサイトの開発まわりを担当。インフラまわりを触る案件にも携わっており、日々修行中。 好きな芸人はなかやまきんに君とレイザーラモンRG。

久江 裕之

久江 裕之

ニフティクラウドのインフラ運用、OS提供の仕事をしています。 新しいOSやイメージが出る時にこのブログでご紹介いたします。入社5年目。一流のインフラエンジニアを目指して日々勉強中。

竹内 豪

竹内 豪

ニフティクラウド エンジニア

山口

山口

ニフティクラウドの基盤設計、新サービス/アライアンス/インフラ企画、その他雑用全般を担当しています。 クラウドに欲しい機能や、こんなふうに使ってほしいという想いが共有できれば良いですね。

芳中 隆幸

芳中 隆幸

ニフティクラウドの開発、運用を担当しています。

酒井 浩平

酒井 浩平

ニフティクラウドの中にいます。 ネットワークまわりの運用・開発や自動化などに取り組んでいます。 すべてのエンジニアを幸せにすることを目指しています。

higebu

higebu

ニフティクラウド IaaSのエンジニアです。 ネットワーク、DRサービス with VMware vCloud® Air™ Technology辺りの担当をしています。

武田

武田

ニフティクラウドの開発・運用を担当しています。 各種機能の内容についてなどで執筆させていただく予定です。

福澤真

福澤真

ニフティクラウドのコンパネ開発、運用をしています。

森藤 大地

森藤 大地

データに関する仕事が好きです。

宮原徹

宮原徹

日本仮想化技術株式会社 代表取締役社長兼CEO。仮想化技術に関するコンサルタントとして長年活動しており、特にベンチマークテストによる性能評価を得意としている。

荒谷翔

荒谷翔

株式会社はてなでMackerelのセールスデベロッパーとして勤務しています

東條 望

東條 望

2014年にニフティへ中途入社。 入社後から現在まで、ニフティクラウドのサービス企画・開発を担当しています。 各サービスの紹介を執筆させていただく予定です。

世良迪夫

世良迪夫

ニフティクラウドのRDBなどを担当しています