本文へジャンプします。

スタンダードイメージ「SQLServer2008」 「CentOS6.2」、パブリックイメージ「Ubuntu11.10」をリリースしました!

はじめまして、ニフティクラウドのインフラを担当している久江(キュウエ)です。2012年4月2日、ニフティクラウドで以下のOSが選択できるようになりました。ニフティクラウドで利用するポイントについてご紹介します。

スタンダードイメージ

  • Microsoft SQLServer 2008 R2(64bit)
  • CentOS 6.2 64bit Plain

パブリックイメージ

  • Ubuntu 11.10 64bit


スタンダードイメージは、通常のニフティクラウドサーバー作成画面で選択可能なOSです。また、パブリックイメージはカスタマイズイメージの一つとして提供するOSになります。

前者は「作成まで5分」となりますが、後者はサーバーコピーなどと同じくらいの時間が掛かる可能性がありますので、お気を付けください。また、基本的な「ニフティクラウドOSの仕様」や過去にリリースしたOSの仕様について紹介している下記の記事も、合わせてご確認ください。

Microsoft SQLServer 2008 R2(64bit)

はじめにMicrosoft SQLServer 2008 R2(64bit)のニフティクラウドにおける仕様についてご説明いたします。

Sqlserver_img

1. 概要

Microsoft SQLServer 2008 R2(64bit)がプリインストールされたMicrosoft SQLServer 2008 R2のOSイメージを提供いたします。

これまでニフティクラウド上のサーバーにMicrosoft SQL Serverを導入いただく際は「ボリュームライセンスの購入」+「SA(ソフトウェアアシュアランス)の契約」+「ライセンスモビリティの申請」が必要でした。

今回ご用意させていただいたイメージは、従来のライセンスの手続きや設定作業が必要なく、後述する価格にてすぐにMicrosoft SQL Serverを利用することが可能になりました。

その他、Microsoft製品の取り扱いは従来同様となります。詳細は以下のFAQをご確認ください。

2. 価格

通常のOSとの違いとして、OS利用料金に加えて以下の月額料金が必要になります。従量課金の提供はございません。また、必ずMicrosoft Windows ServerとMicrosoft SQL Serverはセットでのご提供となり、Microsoft SQL Serverライセンス単体での提供は行っておりませんのご注意ください。

  • 月額:3,675円/月/1vCPU+33,600円/月

普段、「検証のために従量課金で試してから…」という方はご注意ください。最小構成1vCPUのminiタイプのOSを使用した場合は、「7,875 + 3,675 + 33,600 = 45,150」となります。コントロールパネル上では以下のOS利用料とMicrosoft Windows Server利用料の合算料金のみが記載されますのでご注意ください。※2012年4月度はキャンペーンで33,600のライセンス料金がオフになっています。

Sqlserver_price

3. インストール時の設定

Microsoft SQL Server Management Studioのデフォルトユーザが「sa」ユーザで作成されており、パスワードがデフォルトで設定されていないため、saユーザでの初回ログイン時にパスワードを設定していただく必要がございます。

また、SQL Server 2008のフェールオーバークラスタリングモードは初期インストール時に設定しておりません。インストール時のインスタンスの選択では「既定のインスタンス」を設定しております。

ニフティクラウド利用上の注意

SQL Server 2008では月額料金の提供のみとなっていることもあり、オートスケール機能が利用できません。お客様自身で、イメージ作成などを利用し、一か月単位でサーバースペックを変更していただくことが必要となります。
また、Windowsファイアウォールを有効にしておりませんので、リモートからSQL Serverへアクセスを許可する場合には1433ポートを許可してください。

仕様についての詳細は以下のページをご参照ください。

CentOS 6.2 64bit Plain

続いて、スタンダードイメージで提供するCentOS 6.2 64bit Plainについてニフティクラウドでの仕様などをご紹介いたします。

Centos_img

1.概要

ニフティクラウドの中でもLinuxサーバーとして人気の高いCentOSの現時点での最新バージョンになります。
2011年12月にパブリックイメージとしてリリースしたCentOS 6.0 64bit Plainと変わり、スタンダードイメージとして5分以内でサーバー作成が可能です。
CentOS5系からの違いとしてファイルシステムがext3からext4が標準化され、ファイルシステムの最大サイズが拡張されたことにより、大容量で大規模システムのサーバーとして利用可能です。

2.インストール時の設定

インストール時にminimal構成と日本語のサポートを追加しており、前述したとおりファイルシステムはext4を選択しております。
また、ニフティクラウド環境で必須となるvmware-toolsを追加するためのモジュールとBINDが追加されております。
インストールパッケージの詳細については以下のページをご覧ください。

3.ニフティクラウド利用上の注意

CentOS 6.0のパブリックイメージを本ブログで紹介した時にも記載いたしましたが、CentS6系になってNIC の識別を /etc/udev/rules.d/70-persistent-net.rules で行っております。
ここにはNICとethXの結びつけをMACアドレスで行っておりますが、ニフティクラウド環境でサーバーコピーやイメージ化を行う際に、MACアドレスの情報が書き換わるため、コピーが妨げられる可能性があります。
そのためニフティクラウドでは初期設定として、以下のように常に情報がクリアされるようになっているのでご注意ください。

[root@localhost ~]# ls -la /etc/udev/rules.d/ | grep 70-persistent-net.rules
lrwxrwxrwx. 1 root root    9  2月 23 22:26 2012 70-persistent-net.rules -> /dev/null

Ubuntu 11.10 64bit plain

Debian系OSとして昨年12月にリリースしたUbuntuOSの現在の最新パッケージをパブリックイメージをリリースいたします。
記事作成時ではベータ版のUbuntu 12.04がLTSとして正式リリースが控えている状況ですが、experimental releaseとして提供させていただきます。

1.インストール時の設定

Ubuntuは英語版を選択しております。また、インストール時にopenssh-server構成を選択して、aptitudeでvmware-toolsをインストールするために必須なbuild-essentialsとlibwrap0を追加しております。

2.ニフティクラウド利用上の注意

Ubuntu 11.10ではsnmpの設定が、既にリリースしているUbuntu 10.04の手順と異なる点がございます。
パフォーマンスチャートやオートスケール利用時に必須の設定となりますので以下の手順をご参照ください。

apt-getのアップデートを実行します。

root@ubuntu:~# apt-get update

nmpdをインストールしてください。

root@ubuntu:~# apt-get install snmpd

現在のufwのステータスと開放しているポートを確認してください。

root@ubuntu:~# ufw status
Status: active
To                         Action      From
--                         ------      ----
22/tcp                     ALLOW       Anywhere
67                         ALLOW       Anywhere
68                         ALLOW       Anywhere
22/tcp                     ALLOW       Anywhere (v6)
67                         ALLOW       Anywhere (v6)
68                         ALLOW       Anywhere (v6)

161番ポートを許可し、設定を反映してください。

root@ubuntu:~# ufw allow 161/udp
Rule added
Rule added (v6)
root@ubuntu:~# ufw status
Status: active To                         Action      From --                         ------      ---- 22/tcp                     ALLOW       Anywhere 67                         ALLOW       Anywhere 68                         ALLOW       Anywhere 161/udp                    ALLOW       Anywhere 22/tcp                     ALLOW       Anywhere (v6) 67                         ALLOW       Anywhere (v6) 68                         ALLOW       Anywhere (v6) 161/udp                    ALLOW       Anywhere (v6)

snmpdの設定ファイルを編集してください。

root@ubuntu:~# vi /etc/snmp/snmpd.conf
###############################################################################
#
#  AGENT BEHAVIOUR
# #  Listen for connections from the local system only #agentAddress  udp:127.0.0.1:161 agentAddress  udp:0.0.0.0:161 #  Listen for connections on all interfaces (both IPv4 *and* IPv6) #agentAddress udp:161,udp6:[::1]:161

snmpdを再起動し、設定変更を反映してください。

root@ubuntu:~# /etc/init.d/snmpd restart

以上でsnmpの設定は完了です。ニフティクラウドのコントロールパネルからパフォーマンスチャートやオートスケールをお試しください。

3.コンパネ上の表示

コントロールパネルではメニューのイメージ→カスタマイズ→パブリックから下記のように表示されます。

※また、このイメージをコピーして再配布した場合は、サーバー管理画面でOS名の表示が「​U​b​u​n​t​u​ ​1​0​.​0​4​ ​6​4​b​i​t​ ​P​l​a​i​n​」と表示されます。ご注意ください。

Ubuntu_img

ニフティクラウドでは引き続き最新OSや、お客様からのご要望が高いOSに対応し、サービス開発のスピードを更に加速できるようにいたします。
今後ともニフティクラウドをよろしくお願いします!

ニフティクラウド 導入相談窓口
ニフティクラウド 無料セミナー

閉じる

閉じる

クラウドブログ編集部

クラウドブログ編集部

ニフティクラウド ユーザーブログ編集部のアカウントです。 編集部からのお知らせや、レギュラーライター以外のゲストによる寄稿記事を掲載していきます。

浜中 慶

浜中 慶

1980年、神奈川県生まれ。2003年ニフティ入社。 ポータルサイト開発を中心に、音楽配信サービス、CGMサービスなど様々なプロジェクトに企画/デザイン/システム担当として参加。現在は@niftyのポータルサービス向けコンテンツ管理システムの企画/開発/運用を担当。

吉田 雄哉

吉田 雄哉

株式会社co-meetingの創業メンバー。「取締役&External- facing Technologist」と名乗り新しいIT技術を広く伝える活動とWebアプリケーション開発を行う毎日。パッケージベンダーでのSaaS立上げ・製造業の情報システム部門で企画やPM・受託開発と従事してきたため、ベンダーサイドとユーザサイド の両方の視点を持ち合わせる。

石田 健亮

石田 健亮

株式会社ドリーム・アーツで小売事業者向けSaaS「Shopらん」を企画、開発。メインの仕事はプログラマーだがサーバー管理や営業もこなすユーティリティプレイヤー。最近好きな事はパフォーマンスチューニング。特に並列化プログラミングがマイブーム。キライなことはデータセンターでの作業。騒音と乾燥が弱点。ニフティクラウドでデータセンターに行く必要が無くなったことが本当の利点だ と思っている。

五月女 雄一

五月女 雄一

ニフティでは「インフラを守る簡単な様で奥が深いお仕事」をしています。 夢はインフラの気持ちが読めるエンジニアになること。

わたなべ かずひろ

わたなべ かずひろ

専門学校卒業後、ソフトウェア開発会社で電力系統制御システムの開発に従事。その後、CD-ROM等マルチメディア系PCソフトの開発を経て、1998年フリーランスに。 2000年8月に株式会社イーツーの設立に参画。携帯を含む様々なWeb系のシステム開発に携わる。現在はiPhone/Androidアプリなどの開発も手がけている。

市角

市角

ニフティクラウドのコントロールパネル設計・開発をメインに、たまにインフラの運用やお手伝いもやっていたりします。コントロールパネルや新機能の活用方法、アイデアなどを中心に書いていく予定です。

仲山 昌宏

仲山 昌宏

歌って踊れるインフラエンジニア兼、PHPもRubyもJavaも書くPerl使い。 物理サーバの運用に飽きて、フルラックに格安サーバ詰めて自宅プライベートクラウドを構築中。 今年は個人的には分散処理を攻めていきます。

猪飼 賢広

猪飼 賢広

1984年、愛知県名古屋市生まれ。大学は福島県にある某大学。2008年ニフティに入社。 開発系部署に配属後、主に各種テーマサイト開発のシステム面調整、開発進行管理役などとして参加。 現在もPC・ガラケーサイトの開発まわりを担当。インフラまわりを触る案件にも携わっており、日々修行中。 好きな芸人はなかやまきんに君とレイザーラモンRG。

久江 裕之

久江 裕之

ニフティクラウドのインフラ運用、OS提供の仕事をしています。 新しいOSやイメージが出る時にこのブログでご紹介いたします。入社5年目。一流のインフラエンジニアを目指して日々勉強中。

竹内 豪

竹内 豪

ニフティクラウド エンジニア

山口

山口

ニフティクラウドの基盤設計、新サービス/アライアンス/インフラ企画、その他雑用全般を担当しています。 クラウドに欲しい機能や、こんなふうに使ってほしいという想いが共有できれば良いですね。

芳中 隆幸

芳中 隆幸

ニフティクラウドの開発、運用を担当しています。

酒井 浩平

酒井 浩平

ニフティクラウドの中にいます。 ネットワークまわりの運用・開発や自動化などに取り組んでいます。 すべてのエンジニアを幸せにすることを目指しています。

higebu

higebu

ニフティクラウド IaaSのエンジニアです。 ネットワーク、DRサービス with VMware vCloud® Air™ Technology辺りの担当をしています。

武田

武田

ニフティクラウドの開発・運用を担当しています。 各種機能の内容についてなどで執筆させていただく予定です。

福澤真

福澤真

ニフティクラウドのコンパネ開発、運用をしています。

森藤 大地

森藤 大地

データに関する仕事が好きです。

宮原徹

宮原徹

日本仮想化技術株式会社 代表取締役社長兼CEO。仮想化技術に関するコンサルタントとして長年活動しており、特にベンチマークテストによる性能評価を得意としている。

荒谷翔

荒谷翔

株式会社はてなでMackerelのセールスデベロッパーとして勤務しています

東條 望

東條 望

2014年にニフティへ中途入社。 入社後から現在まで、ニフティクラウドのサービス企画・開発を担当しています。 各サービスの紹介を執筆させていただく予定です。

世良迪夫

世良迪夫

ニフティクラウドのRDBなどを担当しています