本文へジャンプします。

【速報】噂の新追加ディスクDisk200の「本当の性能と向き合えますか?」

こんにちは、株式会社エクストーンの仲山です。
新しい増設ディスクサービス「Disk200」
がリリースされたということで、速報としてユーザサイドで取得したベンチマークを紹介します。

なにはともあれグラフ

Throughput_graph_2

赤い棒グラフがスループットです。
測定結果を見てベンチマークのパラメータを何度も疑ったぐらい、
正直いって今までのDisk100とは何だったのか、というぐらい速く早くなったようです

以下にベンチマークの取り方を書きますので、皆さんも自分でも測定してみてください。

ベンチマーク対象

今回は、以下の3台を測定対象としました。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

サーバ サーバ種別 追加ディスク OS 備考
測定用サーバ ニフティクラウド
large
Disk40
Disk200A
Disk200B
CentOS 5.6 Plain (64bit) 今回の測定用に新しく作成したサーバです。
Disk100用サーバ ニフティクラウド
large
Disk100 CentOS 5.3 Plain (64bit) 昨年から利用しているサーバです。
比較用サーバ Amazon EC2
m1.large (Large Instance)
EBS Volume Amazon Linux (64bit) EBSブートのサーバを作成し、さらに追加のEBSボリュームを付与しました。

直近でDisk100を利用しているサーバがなかったため、
昨年から継続して使っているサーバを計測に使いました。
また、ストレージということで、比較用にAmazon EC2のEBSを持ってきました。

ベンチマークの方法

ディスクの性能を計測するベンチマークツールはいくつかありますが、
今回はファイルシステムの性能を測りたいので、
Sambaの開発者が作成したdbenchを利用することにします。

ニフティクラウドのOSはCentOSということで、
拡張レポジトリのEPELにもdbenchが含まれるのですが、
残念ながらEPELに含まれるdbenchは最新の4.0ではなく一つ前の3.04でした。
3.04ではレイテンシの測定ができず、さらに4.0と測定方法が異なるのか大幅に異なる結果が出てしまうため、
今回はソースコードからdbenchの4.0を用意します。

% sudo yum install -y autoconf make gcc
% wget http://samba.org/ftp/tridge/dbench/dbench-4.0.tar.gz
% tar fzx dbench-4.0.tar.gz
% cd dbench-4.0
% ./autogen.sh
% ./configure
% make

これで dbench-4.0 ディレクトリ内に実行ファイル dbench が作成されるので、以下のように実行します。

% ./dbench -c client.txt -t 120 -D /mnt/disk200a 4

 
   
 
   
 
   
 
   

-c client.txt ベンチマークの内容が書かれたloadfileを指定します。今回はソースコード内に含まれるデフォルトのclient.txtをそのまま利用します。
-t 120 デフォルトでは 10分間と長めにベンチマークを行うため、今回は2分間に縮めています。
-D /mnt/disk200a 測定したいディスクをマウント先のディレクトリで指定します。このディレクトリにファイルを作成するため、書き込み権限を持っている必要があります。

4 ディスクへのアクセスを4クライアントの想定で負荷を掛けます。
測定結果

以上のコマンドを実行すると、以下のような結果が出力されます。

dbench version 4.00 - Copyright Andrew Tridgell 1999-2004

Running for 120 seconds with load 'client.txt' and minimum warmup 24 secs
4 of 4 processes prepared for launch   0 sec
releasing clients
   4     13163   345.99 MB/sec  warmup   1 sec  latency 215.583 ms
   4     29342   348.89 MB/sec  warmup   2 sec  latency 27.657 ms
(省略)
   4    348422   343.87 MB/sec  warmup  22 sec  latency 28.963 ms
   4    364375   344.12 MB/sec  warmup  23 sec  latency 27.565 ms
   4    396340   341.22 MB/sec  execute   1 sec  latency 26.252 ms
   4    412489   345.39 MB/sec  execute   2 sec  latency 27.657 ms
(省略)
   4   2169624   328.77 MB/sec  execute 118 sec  latency 20.479 ms
   4   2183217   328.46 MB/sec  execute 119 sec  latency 117.625 ms
   4  cleanup 120 sec
   0  cleanup 120 sec

Operation      Count    AvgLat    MaxLat
----------------------------------------
NTCreateX    1256850     0.007     7.449
Close         923271     0.001     0.626
Rename         53229     0.018     2.786
Unlink        253810     0.024    18.196
Deltree           32     2.391     5.761
Mkdir             16     0.002     0.002
Qpathinfo    1139292     0.004     2.745
Qfileinfo     199682     0.001     0.178
Qfsinfo       208920     0.054     2.763
Sfileinfo     102384     0.009     6.896
Find          440547     0.014     1.675
WriteX        626773     0.021     8.206
ReadX        1970608     0.003     4.011
LockX           4094     0.003     1.334
UnlockX         4094     0.001     0.041
Flush          88102     4.658   130.334

Throughput 328.458 MB/sec  4 clients  4 procs  max_latency=130.337 ms

途中を省略していますが、このように1秒ごとに測定結果が表示されたあと、
最後に測定結果の詳細が表示されます。
先ほどのグラフは、最後の行に含まれる、「Throughput」「max_latency」をプロットしたものです。

測定結果について

特にDisk40については、測定結果に大きなばらつきがあったため、
実際には、どのディスクも同じ条件で数回ベンチマークを実行し、中央値をとっています。
Disk40は公式にもアーカイブ用とうたっていることもあり、価格とのトレードオフですね。

思った以上にDisk100の性能がふるわなかったことについては、
推測になりますが、サーバの作成時期でばらつきがあるのかもしれません。

サイバーエージェントの並河さんが、
サイバーエージェント公式エンジニアブログにてパブリッククラウドサービスAmazon EC2の性能検証レポートを公開されています。
今回は、こちら記事のディスクベンチマークと測定手法を合わせていますので、
ぜひ比べてみてください。m1.largeでの計測結果の傾向が異なっていることも興味深いところです。

今回は速報と言うことで、dbenchでのベンチマークにとどめていますが、
連続アクセスやランダムアクセスでの違いや、キャッシュの扱いなどを細かくみるためには、
bonnie++やiozoneなど細かく測定条件を変更できるベンチマークツールで掘り下げる必要があります。

今後機会があれば、もう少し掘り下げたベンチマークをしてみたいところです。

ニフティクラウド 導入相談窓口
ニフティクラウド 無料セミナー

閉じる

閉じる

クラウドブログ編集部

クラウドブログ編集部

ニフティクラウド ユーザーブログ編集部のアカウントです。 編集部からのお知らせや、レギュラーライター以外のゲストによる寄稿記事を掲載していきます。

浜中 慶

浜中 慶

1980年、神奈川県生まれ。2003年ニフティ入社。 ポータルサイト開発を中心に、音楽配信サービス、CGMサービスなど様々なプロジェクトに企画/デザイン/システム担当として参加。現在は@niftyのポータルサービス向けコンテンツ管理システムの企画/開発/運用を担当。

吉田 雄哉

吉田 雄哉

株式会社co-meetingの創業メンバー。「取締役&External- facing Technologist」と名乗り新しいIT技術を広く伝える活動とWebアプリケーション開発を行う毎日。パッケージベンダーでのSaaS立上げ・製造業の情報システム部門で企画やPM・受託開発と従事してきたため、ベンダーサイドとユーザサイド の両方の視点を持ち合わせる。

石田 健亮

石田 健亮

株式会社ドリーム・アーツで小売事業者向けSaaS「Shopらん」を企画、開発。メインの仕事はプログラマーだがサーバー管理や営業もこなすユーティリティプレイヤー。最近好きな事はパフォーマンスチューニング。特に並列化プログラミングがマイブーム。キライなことはデータセンターでの作業。騒音と乾燥が弱点。ニフティクラウドでデータセンターに行く必要が無くなったことが本当の利点だ と思っている。

五月女 雄一

五月女 雄一

ニフティでは「インフラを守る簡単な様で奥が深いお仕事」をしています。 夢はインフラの気持ちが読めるエンジニアになること。

わたなべ かずひろ

わたなべ かずひろ

専門学校卒業後、ソフトウェア開発会社で電力系統制御システムの開発に従事。その後、CD-ROM等マルチメディア系PCソフトの開発を経て、1998年フリーランスに。 2000年8月に株式会社イーツーの設立に参画。携帯を含む様々なWeb系のシステム開発に携わる。現在はiPhone/Androidアプリなどの開発も手がけている。

市角

市角

ニフティクラウドのコントロールパネル設計・開発をメインに、たまにインフラの運用やお手伝いもやっていたりします。コントロールパネルや新機能の活用方法、アイデアなどを中心に書いていく予定です。

仲山 昌宏

仲山 昌宏

歌って踊れるインフラエンジニア兼、PHPもRubyもJavaも書くPerl使い。 物理サーバの運用に飽きて、フルラックに格安サーバ詰めて自宅プライベートクラウドを構築中。 今年は個人的には分散処理を攻めていきます。

猪飼 賢広

猪飼 賢広

1984年、愛知県名古屋市生まれ。大学は福島県にある某大学。2008年ニフティに入社。 開発系部署に配属後、主に各種テーマサイト開発のシステム面調整、開発進行管理役などとして参加。 現在もPC・ガラケーサイトの開発まわりを担当。インフラまわりを触る案件にも携わっており、日々修行中。 好きな芸人はなかやまきんに君とレイザーラモンRG。

久江 裕之

久江 裕之

ニフティクラウドのインフラ運用、OS提供の仕事をしています。 新しいOSやイメージが出る時にこのブログでご紹介いたします。入社5年目。一流のインフラエンジニアを目指して日々勉強中。

竹内 豪

竹内 豪

ニフティクラウド エンジニア

山口

山口

ニフティクラウドの基盤設計、新サービス/アライアンス/インフラ企画、その他雑用全般を担当しています。 クラウドに欲しい機能や、こんなふうに使ってほしいという想いが共有できれば良いですね。

芳中 隆幸

芳中 隆幸

ニフティクラウドの開発、運用を担当しています。

酒井 浩平

酒井 浩平

ニフティクラウドの中にいます。 ネットワークまわりの運用・開発や自動化などに取り組んでいます。 すべてのエンジニアを幸せにすることを目指しています。

higebu

higebu

ニフティクラウド IaaSのエンジニアです。 ネットワーク、DRサービス with VMware vCloud® Air™ Technology辺りの担当をしています。

武田

武田

ニフティクラウドの開発・運用を担当しています。 各種機能の内容についてなどで執筆させていただく予定です。

福澤真

福澤真

ニフティクラウドのコンパネ開発、運用をしています。

森藤 大地

森藤 大地

データに関する仕事が好きです。

宮原徹

宮原徹

日本仮想化技術株式会社 代表取締役社長兼CEO。仮想化技術に関するコンサルタントとして長年活動しており、特にベンチマークテストによる性能評価を得意としている。

荒谷翔

荒谷翔

株式会社はてなでMackerelのセールスデベロッパーとして勤務しています

東條 望

東條 望

2014年にニフティへ中途入社。 入社後から現在まで、ニフティクラウドのサービス企画・開発を担当しています。 各サービスの紹介を執筆させていただく予定です。

世良迪夫

世良迪夫

ニフティクラウドのRDBなどを担当しています