本文へジャンプします。

徹底比較: ニフティクラウド VS Amazon Web Services

はじめまして、サーバーワークスの羽柴(@hashiva)です。
今日からニフティクラウドについてブログを書いていきたいと思います。
早速ですが本日はニフティクラウドとAmazon Web Services(AWS)とのベンチマーク比較を実施してみました。日本クラウド界隈において恐らく相当な知名度を誇るであろうこの両社をがっつり比較してみたいと思います。
両社ともに全く同じサイズのサーバー(インスタンス)は存在しないので比較とは言っても完全なものではないのですが、参考までにご覧いただければ幸いです。

まずはコスト比較から

Amazon Web Service(以下、AWS)

インスタンスは全て[EBS-Store:30GB]を前提とします。為替レートは「¥81」で計算しています。
※ECUとは・・・「2007年当時のAMD OpteronおよびIntel Xeon 1G~1.2GHz程度」とのことです。

インスタンスタイプ 従量/時 従量/月 定額/月 メモリ CPU
micro ¥2.0 ¥1,750 613MB 1ECU
small ¥7.7 ¥5,968 1.7GB 1ECU
High-Medium ¥15.4 ¥11,693 1.7GB 5ECU(2.5 ECU× 2 仮想コア)
Large ¥30.8 ¥23,143 7.5GB 4ECU(2 ECU× 2 仮想コア)

ニフティクラウド

インスタンスタイプ 単位 従量/月 定額/月 メモリ CPU
mini ¥12.5 ¥93,00 ¥7,875 512MB 1GHz
small ¥23.1 ¥17,186 ¥13,335 1GB 3GHz
medium ¥44.1 ¥32,810 ¥25,410 2GB 3GHz(2v)

基準やスペックが均等ではないので単純比較できるものではありませんが、メモリやCPUの単価は表だけでみるとニフティクラウドのほうが割高な感じが否めません。

それではベンチマーク比較を行ってみます。

super pi によるベンチマーク測定

対象となるサーバを構築します。完全に同一環境は困難だったのである程度で妥協していますが、AWSはAMI化してインスタンスタイプのみ変更、ニフティクラウドは同一コマンドを順次実行することで別タイプサーバの構築を行っています。

サーバー基本情報

OS アーキテクチャ apache-httpd ストレージ
AWS CentOS-5.5 32bit 2.2.3-43.el5.centos.3 30GB
ニフティクラウド CentOS-5.3 32bit 2.2.3-43.el5.centos.3 30GB

super pi

コンピュータ (CPU/メモリ) のベンチマークに使うことができる円周率計算プログラムです。シングルコアのみ対応でここでは演算結果表示までにかかる時間を計測値とします。

$ wget ftp://pi.super-computing.org/Linux_jp/super_pi-jp.tar.gz
$ tar zxvf super_pi-jp.tar.gz
$ ./super_pi
=====================
(計算したい桁数を2の何乗かで入力)
[19→52万桁][20→104万桁][21→209万桁]
=====================

結果


ニフティクラウドが約1.5倍位早いようです。これならロケーションによるネットワークレイテンシ差を除いても演算処理をさせる場合はニフティクラウドが有利のようですね。でも同じサービスでCPU/メモリが異なってもほぼ値が変わらないのが不思議です(計測ミス?)・・・。

UnixBenchによるベンチマーク測定

UnixBench

サーバのベンチマークを総合的に測るツール(こちらはマルチコアCPUにも対応) http://code.google.com/p/byte-unixbench/
※ちなみにベンチマークを一回取るのに40?60分くらいかかりますのでゆっくり待ちます。

$ wget http://www.hermit.org/Linux/Benchmarking/unixbench-5.1.2.tar.gz
$ tar zxvf unixbench-5.1.2.tar.gz
$ cd unixbench-5.1.2
$ vi Makefile
=====================
# GRAPHIC_TESTS(コメントアウト)
# GL_LIBS(コメントアウト)
=====================
$ make
$ ./Run

結果

それぞれベンチマーク結果を表とグラフにしてみました。パラメータの意味はそれぞれ下記の表の通りですが基本的に数値が高いほど高評価となります。今回はとにかく最後の「System Benchmarks Index Score」を測定値とします。

パラメータ名 意味
Dhrystone 2 using register variables 2つのレジスタを使用した整数・文字列演算
Double-Precision Whetstone 倍精度浮動小数点演算
Execl Throughput exec関数実行処理
File Copy 1024 bufsize 2000 maxblocks ファイルコピー(バッファサイズ 1024バイト)
File Copy 256 bufsize 500 maxblocks ファイルコピー(バッファサイズ 256バイト)
File Copy 4096 bufsize 8000 maxblocks ファイルコピー(バッファサイズ 4096バイト)
Pipe Throughput pipe処理
Pipe-based Context Switching pipeベースでのコンテキストスイッチング
Process Creation プロセス生成
Shell Scripts (1 concurrent) シェルスクリプト実行(単一)
Shell Scripts (8 concurrent) シェルスクリプト実行(8個並列)
System Call Overhead システムコール
System Benchmarks Index Score トータル

AWS-microインスタンス VS NIFTY-miniサーバー

AWS-microインスタンス VS NIFTY-miniサーバー 比較表

ほぼ同スペックであるはずの AWS-microインスタンス VS NIFTY-miniサーバー において驚きの約6倍差!

AWS-smallインスタンス VS NIFTY-smallサーバー

AWS-smallインスタンス VS NIFTY-smallサーバー 比較表

メモリの多いAWSとクロック数の高いニフティクラウドの場合でも約6倍程度の差が・・・。

AWS-mediumインスタンス VS NIFTY-smallサーバー

AWS-mediumインスタンス VS NIFTY-smallサーバー 比較表

アーキテクチャが32bitの場合はAWS側で利用出来るインスタンスタイプが「HighCPU-Medium」まででした。ここでようやく演算系の一部でAWSがニフティクラウドを超えます。

まとめ

こうしてベンチマーク計測値だけでみるとニフィティクラウドの性能の高さが伺えます。実は最初にコスト計算した段階で「この金額差で勝負になるのか?」と思わない事も無かったのですがこれなら納得です。実際の運用においてこのベンチマーク測定値の差が構成設計などにそのまま役立つかは疑問ですが用途によって各々使いどころが異なる、とも思える数値でした。

実際のところ、費用面・機能面で比べるとAWSはIaaS業界でずば抜けていると言って過言ではないでしょう。ただベンチマークをとるとニフティクラウドのサーバーの特徴が見えてきました。CPUやディスクI/O性能を考慮するとニフティクラウドについても利用用途によっては十分に選択する余地はありそうです。今後の機能拡張にも期待したいと思います。

ニフティクラウド 導入相談窓口
ニフティクラウド 無料セミナー

閉じる

閉じる

クラウドブログ編集部

クラウドブログ編集部

ニフティクラウド ユーザーブログ編集部のアカウントです。 編集部からのお知らせや、レギュラーライター以外のゲストによる寄稿記事を掲載していきます。

浜中 慶

浜中 慶

1980年、神奈川県生まれ。2003年ニフティ入社。 ポータルサイト開発を中心に、音楽配信サービス、CGMサービスなど様々なプロジェクトに企画/デザイン/システム担当として参加。現在は@niftyのポータルサービス向けコンテンツ管理システムの企画/開発/運用を担当。

吉田 雄哉

吉田 雄哉

株式会社co-meetingの創業メンバー。「取締役&External- facing Technologist」と名乗り新しいIT技術を広く伝える活動とWebアプリケーション開発を行う毎日。パッケージベンダーでのSaaS立上げ・製造業の情報システム部門で企画やPM・受託開発と従事してきたため、ベンダーサイドとユーザサイド の両方の視点を持ち合わせる。

石田 健亮

石田 健亮

株式会社ドリーム・アーツで小売事業者向けSaaS「Shopらん」を企画、開発。メインの仕事はプログラマーだがサーバー管理や営業もこなすユーティリティプレイヤー。最近好きな事はパフォーマンスチューニング。特に並列化プログラミングがマイブーム。キライなことはデータセンターでの作業。騒音と乾燥が弱点。ニフティクラウドでデータセンターに行く必要が無くなったことが本当の利点だ と思っている。

五月女 雄一

五月女 雄一

ニフティでは「インフラを守る簡単な様で奥が深いお仕事」をしています。 夢はインフラの気持ちが読めるエンジニアになること。

わたなべ かずひろ

わたなべ かずひろ

専門学校卒業後、ソフトウェア開発会社で電力系統制御システムの開発に従事。その後、CD-ROM等マルチメディア系PCソフトの開発を経て、1998年フリーランスに。 2000年8月に株式会社イーツーの設立に参画。携帯を含む様々なWeb系のシステム開発に携わる。現在はiPhone/Androidアプリなどの開発も手がけている。

市角

市角

ニフティクラウドのコントロールパネル設計・開発をメインに、たまにインフラの運用やお手伝いもやっていたりします。コントロールパネルや新機能の活用方法、アイデアなどを中心に書いていく予定です。

仲山 昌宏

仲山 昌宏

歌って踊れるインフラエンジニア兼、PHPもRubyもJavaも書くPerl使い。 物理サーバの運用に飽きて、フルラックに格安サーバ詰めて自宅プライベートクラウドを構築中。 今年は個人的には分散処理を攻めていきます。

猪飼 賢広

猪飼 賢広

1984年、愛知県名古屋市生まれ。大学は福島県にある某大学。2008年ニフティに入社。 開発系部署に配属後、主に各種テーマサイト開発のシステム面調整、開発進行管理役などとして参加。 現在もPC・ガラケーサイトの開発まわりを担当。インフラまわりを触る案件にも携わっており、日々修行中。 好きな芸人はなかやまきんに君とレイザーラモンRG。

久江 裕之

久江 裕之

ニフティクラウドのインフラ運用、OS提供の仕事をしています。 新しいOSやイメージが出る時にこのブログでご紹介いたします。入社5年目。一流のインフラエンジニアを目指して日々勉強中。

竹内 豪

竹内 豪

ニフティクラウド エンジニア

山口

山口

ニフティクラウドの基盤設計、新サービス/アライアンス/インフラ企画、その他雑用全般を担当しています。 クラウドに欲しい機能や、こんなふうに使ってほしいという想いが共有できれば良いですね。

芳中 隆幸

芳中 隆幸

ニフティクラウドの開発、運用を担当しています。

酒井 浩平

酒井 浩平

ニフティクラウドの中にいます。 ネットワークまわりの運用・開発や自動化などに取り組んでいます。 すべてのエンジニアを幸せにすることを目指しています。

higebu

higebu

ニフティクラウド IaaSのエンジニアです。 ネットワーク、DRサービス with VMware vCloud® Air™ Technology辺りの担当をしています。

武田

武田

ニフティクラウドの開発・運用を担当しています。 各種機能の内容についてなどで執筆させていただく予定です。

福澤真

福澤真

ニフティクラウドのコンパネ開発、運用をしています。

森藤 大地

森藤 大地

データに関する仕事が好きです。

宮原徹

宮原徹

日本仮想化技術株式会社 代表取締役社長兼CEO。仮想化技術に関するコンサルタントとして長年活動しており、特にベンチマークテストによる性能評価を得意としている。

荒谷翔

荒谷翔

株式会社はてなでMackerelのセールスデベロッパーとして勤務しています

東條 望

東條 望

2014年にニフティへ中途入社。 入社後から現在まで、ニフティクラウドのサービス企画・開発を担当しています。 各サービスの紹介を執筆させていただく予定です。

世良迪夫

世良迪夫

ニフティクラウドのRDBなどを担当しています