本文へジャンプします。

【イベント】 Chef、serverspecを活用した運用効率化のハンズオン勉強会を開催しました

こんにちは。ニフティクラウドを担当している山口です。

8月8日のNCstudyにて、Chef、serverspecを活用した運用効率化ハンズオンを開催いたしました。
NCstudyとは

7月14日に開催されたJapan TechFesta 2013でベストハンズオン賞を受賞したものとほぼ同じ内容で進行いたしました。


logo-chef

Chefについては当ブログにて何度も登場していますので、ここでは簡単に。

みなさん、サーバーをどのように構築していますか?手順書にしたがい、1台ずつ、”秘伝のタレ” 的な手順書を使って構築を実施しているケースが多いのではないでしょうか。

しかし、WEBサーバーだけでなく、APサーバーも追加されたら?APサーバー+DBサーバー構成になったら?その手順書はそのまま使えますか?

もしくは、10セット作らなければならなくなった時に、10セット分すべて正しく構築できますか?(´・ω・`)

そのような構築の課題に対する一つの解として、Chefの利用があります。

詳しくは、当日の講師を務めた、弊社エンジニアの竹内が翻訳したWiki(Chef とは何か)がありますので、ぜひご覧ください。

 

今回のハンズオンにおいて、まずはじめに、

「 CloudAutomation(β) 」 と 「 よく出来た人力ツール(以下、人力ツール) 」 ではどちらがWordPressのAP+DB構成をより速く正確に構築できるのか?

という内容を実演させて頂きました。

「CloudAutomation(β)」では、サーバーの新規作成からスタート。「人力ツール」では、構築&サーバーにログインした状態からスタート。

これだと人力ツールがややズルに見えますね…

本来、手慣れた担当者が人力ツールを実施するはずだったのですが、急遽私が担当になり、手順書も何も見ていないところからスタートすることに。

そのため、ほぼイーブンの条件になったかと思います。

 

そして、なんやかんやと構築を行い、スピードだけであればCloudAutomation(β)とほぼ同時に完了!!!

人力ツール!すごい!!

ビバ人力!!(?)

 

…とは言えません。

CloudAutomation(β)で実行したものについては、何度やってもほぼ同じ状態にすることが可能です。
※これを冪等性と言います。

しかし、私が人力ツールで実行したものはどうでしょうか?

実際デモ中に、WordPressのAPとDBを間違えてコマンドを実行して、うまく動かないなんてことも起こっていました。

 

同じセットを何度も作ることになったら?

すべて同じ状態なのか調べることになったら?

構成を少々変更されたら?

こういうことを考えると、どんなに人力ツールが優れていても「破綻する」姿が見えます。

 

最近では、テストを確実に実行するためにserverspecも活用されるようになって来ました。

社内で足元にあるようなサーバーなど、オンプレミスの時には初期構築をAPI等を使って実現することが難しかったこともありましたが、クラウドが一般的になりつつある今、

これらのツールを使うことによって、大幅な運用効率化をすることが可能になってきています。

 

ここで改めて、本勉強会で利用した資料やツールの置き場所を書いておきますので、是非一度お試しください。

 

□ 勉強会資料

http://tily.github.io/ncstudy05/

□ WPチートシート

APとDB2台構成のWP

https://gist.github.com/ysaotome/5993248

 

ニフティクラウド 導入相談窓口
ニフティクラウド 無料セミナー